ジェットリング真空ポンプシステムの構造と作動
JR−Sシリーズ
ジェットリング真空ポンプシステム(JR-Sシリーズ)は、通常1〜3段のスチームエゼクター+サーフェイス式のインターコンデンサー+水環(水封式)真空ポンプをその基本的構成要素としています。
真空プロセスからの空気、ガス、水蒸気等は、まずスチームエゼクターに吸引され圧縮されてインターコンデンサーに入ります。インターコンデンサーでは凝縮性のペーパーが冷却され、凝縮除去され負荷を減じたのち不凝縮性ガスのみ水環(水封式)真空ポンプで大気圧迄圧縮され吐出されます。インターコンデンサーのコンデンセートは、通常イナートガスと同時に水環(水封式)真空ポンプの吸入ラインに流入し吐出されます。
本シリーズは、ジェットリング真空ポンプシステムの基本型であり、主として負荷が空気などの不凝縮性ガスのみの場合にスチームコスト、電力コストのバランスが最も良くなります。
インターコンデンサーの操作圧力は通常10.6〜20kPaA(80〜150Torr)です。
ユーティリティー
蒸気:スチームエゼクターには蒸気が必要ですが、通常のスチームエゼクターシステムと異り極めて圧力の低い蒸気を有効に利用出来ます。0〜0.2MPaG程度の廃蒸気の使用がエネルギーコスト面から有利です。
冷却水:インターコンデンサーの冷却水及び水環(水封式)真空ポンプの補給水は30〜32℃を標準にしています。
インターコンデンサーは間接冷却式ですのでプロセス流体は冷却水と混ざりません。
補給水はわずかな量ですがプロセス流体のコンデンセートに特殊な成分を含んでいる場合など補給水系統を閉回路循環式にすることも可能です。
JR−Aシリーズ
ジェットリング真空ポンプシステム(JR-Aシリーズ)は、空気エゼターと水環(水封式)真空ポンプの連段です。
水環(水封式)真空ポンプは補給水の蒸気圧をその到達圧力としますので夏期で通常4〜5.3kPaA(30〜40Torr)になりますが到達圧力付近での運転はキャビテーション発生の観点から好ましくなく一般的には8kPaA(60Torr)以上になります。
大気駆動の空気エゼクターを付加することにより到達圧力は空気エゼクター1段で0.67〜0.93kPaA(5〜7Torr)2段で0.13〜0.26kPaA(1〜2Torr)に達し、更にキャビテーションの心配のない安全運転が可能になります。スチーム等の動力源が利用出来ない場合簡易な真空ポンプとして便利に使用出来る上設備費も安価ですが排気容量は小さく比較的小型の0.1〜10m3/min程度のものが良く使用されています。
水環(水封式)真空ポンプには冷却水の補給が必要ですが吸入流体の種類により補給水が汚染される場合などこの補給水ラインを循環式にし外部冷却することも可能ですし特殊な液を作動液として利用する事も可能です。
 
 

バロメトリックコンデンサーとジェットリング真空ポンプシステム
ジェットリング真空ポンプシステムにサーフェイスコンデンサーを使用せず、バロメトリックコンデンサーを使用することも勿論可能です。
(1) バロメトリックコンデンサーの高所設置が可能な場合
(2) プロセス流体が冷却水と混ざっても良い場合
(3) 装置規模が大きい又は、特殊材料の使用になる場合

以上の場合、バロメトリックコンデンサーの使用は、設備費の点から特に有利です。
バロメトリックコンデンサーからの抽気は5.3〜8kPaA(40〜60Torr)の時が多く(JR-Aシリーズ)が通常使用されますが負荷が大きい場合などはバロメトリックコンデンサーの後に(JR-Sシリーズ(インターコンデンサーはバロメトリック式))を設置する方が良い場合もあります。
 

ジェットリング真空ポンプシステムの各種組合せ及び真空領域は下記をご参照下さい。
       

ジェットリング真空ポンプシステムのご照会には、下記の項目を出来るだけ詳しくお知らせ下さい。
@ 吸入圧力、吐出圧力 等々
A 吸入量 (kg/h)(m3/min)など (容積量の場合は吸入状態か標準状態か区別してください。)
B 吸入気体を不凝縮性ガス(空気など)と凝縮性ペーパー(水蒸気、有機べ一バーなど)に分けて温度、蒸気圧、分子量など性状を詳しく。
C ユーティリティーに使用出来る水蒸気、水、電力などの諸条件
D その他腐食性ガスなどを含む場合は材質を御指定下さい。
又貴社の各種規格、標準など現在ご使用中のスチームエゼクターシステムやその他の真空ポンプシステムから
本システムへの交換/変更をご計画される場合はその旨お知らせ下さい。
又、当初の計画仕様や現在の運転状態など出来るだけ詳しく御連絡下さい。

日本エゼクターエンジニアリング株式会社
Copyright (C) , 2002 JAPAN EJECTOR ENGINEERING CO., LTD.  All Rights Reserved.
The copyrighted works contained in this home page should not be copied, reproduced, varied, modified,
distributed, performed and displayed in any form without the written permission of the copyright owner.